事業者・路線一覧から乗車区間を入力


乗車した区間の事業者名、路線名があらかじめ分かっている場合は最もスムーズに入力できます。

事業者・路線一覧から乗車区間を入力」を選択すると以下のように事業者の一覧が表示されます。

例として「JR東海・東海道本線・熱海から米原まで」に乗車した時の入力手順を示します。

SSRideRecord21

まず事業者を選びます。今回は「JR東海」を選びます。するとJR東海内の路線名一覧になります。

SSRideRecord22

次に路線名を選びます。今回は「東海道本線(熱海ー米原)」を選びます。すると路線内の駅一覧になります。

SSRideRecord23

まず乗車駅である「熱海」駅を選択します。選択すると上部に駅名が表示され、リストの色が変わります。

SSRideRecord24

続いて降車駅である「米原」駅を選択します。すると乗車区間のカラーが変化し、すぐに「乗車日」の確認表示画面になります。

SSRideRecord25

乗車日に変更がなければそのまま右下の「登録実行」ボタンをクリックします。

※過去に乗車して日付が分からない場合は「日付を指定しない」をオンにすると「乗車日不詳」となります。

※「乗降車駅を訪問扱い」がオンだと登録実行時に乗車駅と降車駅の訪問記録を同時につけます。

※「駅訪問日を上書きする」がオンだと駅訪問記録時に指定の日付で駅訪問日を上書きします。最初に訪れた日をそのまま残したいときはオフにしてください。

SSRideRecord26

入力が完了すると完乗率が変化した事業者・路線の最新状況が表示され、レールチャレンジから(簡単ですが)コメントを表示します。