今月の投稿: 3月 2015


[Android版]バージョン2.3.1をリリース致しました

突然ですが、先ほどAndroid版レールチャレンジのバージョン2.3.1をリリース致しました。

先日公開した2.3.0における北陸第3セクターへのデータ移動についての処理を変更致しました。これで過去にJR信越本線、JR北陸本線を完乗・承認済みだった場合に第3セクターも完乗扱いとなります。

ただし、両端の駅については未訪問となりますので、あくまで事業者変更に伴う特例措置であるとご理解下さい。

他には同期処理時のアプリの振舞いを一部修正しております。

次のアップデートは4月1日を予定しております。・・・トラブルがなければ、ですが(汗)


【変更】事業者変更による公式承認記録の扱いについて

先日14日にダイヤ改正が行われ、北陸・信越方面のJR在来線が一部第3セクター化されたことは多くの方がすでにご存じかと思います。

それに伴い先日当ホームページにて路線完乗の公式記録の引き継ぎについて・・・

  • 公式記録:駅訪問の公式記録はそのまま引き継ぎますが、路線完乗の公式記録は「新事業者へ移管される区間は引き継ぎません」

・・・と、このようにアナウンス致しました。実際に14日にリリースしたバージョン2.3.0では公式記録が解除されております。

しかし、メンバーの方からご質問を頂き、再検討した結果「第3セクター化する前にすでに当該路線を完乗しており、かつ公式記録として承認済みである場合は、新事業者に移管したあとも公式記録として完乗扱いとする」ように変更することと致しました。

つまり、JR西日本・北陸本線をダイヤ改正前に米原〜直江津間で完乗しており公式記録として承認済みだった場合は、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道の両事業者は公式記録として完乗扱いとする、ということです。※えちごトキめき鉄道については2路線ありますので、2路線の両方がダイヤ改正前にすでに完乗・承認済みの場合のみ承認扱いとします。

なお、この措置は今後発生する事業者移管についても同様の扱いと致します。

この変更措置に伴いサーバ上の登録申請データを一部こちらで追加修正する必要が生じますので、該当するメンバー様には後日改めてアナウンスさせて頂きます。

 


[Android版]バージョン2.3.0をリリース致しました

先ほどからテレビでは北陸新幹線がガンガン映ってますね~。でもでも、管理人としては北陸新幹線だけじゃなくて第3セクターとなって再出発した「えちごトキめき鉄道「あいの風とやま鉄道」「IRいしかわ鉄道」にもスポットライトを当ててほしいなあ・・・と思います。ね。

少し遅くなりましたが、先ほどAndroid版レールチャレンジのバージョン2.3.0をリリース致しました。

今回の修正・変更点は以下の通りです。

  • 3月14日のダイヤ改正に対応しました。
  • 【事業者データ追加】えちごトキめき鉄道、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道
  • 【路線データ追加】北陸新幹線、上野東京ラインなど
  • 【路線データ修正】信越本線、北陸本線など
  • 【列車データ修正】入力用列車データを大幅に更新
  • サーバ同期処理を修正しました。
  • データとアプリのバージョン不整合チェックを強化
  • 同期終了後に通知が残るように修正

主に3.14ダイヤ改正対応なのですが、他にも重要な変更点が含まれております。

今回はJRから第3セクターへ事業者が変わることにより、該当する区間については事業者および路線、駅に至るまで内部で管理用に割り当てているID番号が大幅に変更されております。そのため、今後サーバへバックアップした同期データは3.14ダイヤ改正対応済みのバージョンとなりますので、バージョン2.3.0で同期を行うと、バージョン2.3.0以前の端末では同期ができなくなります。複数の端末をお使いの方はご注意下さい。

なお、この考え方は近々リリース予定のiOS版レールチャレンジでも同様です。今後ダイヤ改正などでID番号が変化する場合はアプリのバージョンを全て最新バージョンにアップデートしないと端末間で同期することができなくなりますのでご留意下さい。

iOS版については最終調整段階です。待たせてしまい申し訳ございません!もうしばらくお待ち下さい。

次のアップデートは4月1日に実施される各種変更(四日市あすなろう鉄道など)に合わせて実施予定です。それでは!


【特別編】さよならトワイライトエクスプレス~見送りに行ってきました!

今日3/12は特別編をお送りいたします。そう、トワイライトエクスプレスの最終運行日

大阪在住の管理人はもちろん大阪駅までお見送りへ。仕事?今日はたまたまお休みでしたのでノープロブレム!

11:11分入線なので11時前に大阪駅に着くと・・・そりゃあもう大勢の人・人・人・・・。いきなりホームに上がらずにまずは案内板から撮影開始。DSC00006

あちゃ、ライトかぶっちゃったか。この表示も今日がラストと思うと・・・うっ。

気を取り直して別の案内板。

DSC00012

 

もちろん大勢の方がカメラを向けてシャッターを切っていました。

「さて、ホームに降りるか・・・」と思ったのと同時に在阪テレビ局の取材クルーが続々とホームへ。そりゃ絶好のネタですもんね。

10番ホームへ降りると・・・駅員さんはもはや臨戦態勢。ロープを持って転落防止事故が無いようピリピリした空気が。

DSC00015

そうこうしている内に11:11!入線時刻です。みんな一斉に空へ手を伸ばします!

DSC00016

入線!先頭車両付近は特に混雑してて近寄ることすら難しい状況。先頭の撮影はさっさと諦めてホームをうろうろしつつ撮影タイム。停車時間が40分ほどあるためかホームを走るひとはほとんどいなかったように思います。

おっと、食堂車への資材搬入です。最高の食事をいつもありがとうございます!DSC00064

ではここらで数枚。

DSC00043DSC00046DSC00020DSC00028

 

ホームの案内板下のメッセージが「トワイライト仕様」でした。

DSC00037

メッセージの全文は以下の通り。

「トワイライトエクスプレス号札幌行き最終列車のお見送り、撮影にお越しいただきありがとうございます。長らく皆様に愛されて、感謝致します。無事にラストランを迎える為に、脚立、三脚の使用と、列車入線、発車時のフラッシュ撮影はご遠慮下さい。また、ホーム上は走らないよう皆様のご協力をお願い致します。」

ああ・・・ラストランやねんなあ・・・しみじみ。

発車まで残り15分ほどで反対側の11番ホームへ移動。こっちの方が車両の下回りまで撮影できるので、ラストはこっち側から動画を撮ろうと決めてたのよ。

DSC00092

DSC00086

・・・そして、11:50分、出発の刻・・・。

ここから動画撮影してたんで写真はありませぬ。

長めの汽笛を鳴らしたあと、静かにゆっくりと動き出したトワイライトエクスプレス。大勢の人が手を振ったり拍手したり「ありがとー!」と声をかけたり・・・

そして無事に大阪駅を旅立っていきました。

お疲れ様!無事に札幌へたどり着いて下さいまし!

・・・明日?明日はガッツリお仕事です。はあ。

 

 


3/14ダイヤ改正への対応について

今日から3月。3月といえば?・・・やはり気になるのが「ダイヤ改正」。今年は例年以上に大きな変化があるのでいろんな列車と「初めまして」そして「さようなら」ということになりますね。忙しい月になりそうな・・・そんな気もしないでもないです。

さて、レールチャレンジはもちろんダイヤ改正に「即座に対応」致します!
現在すでに新事業者、新路線、新駅、新列車の入力作業を終え、現在のデータを更新したりAndroid版とiOS版との同期に支障が出ないかなど入念にチェックする作業を行っております。

Android版については14日のダイヤ改正当日にアップデートを実施する予定です。あと、気になる人は気にしているであろうiOS版のリリースですが、ダイヤ改正が間近に迫ってきておりますのでデータアップデート時のトラブルを防ぐ意味も含めて「ダイヤ改正後のリリース」とさせて頂きます。お待たせしまして本当に申し訳ございません。

今回のダイヤ改正で北陸新幹線が開業し、既存路線の第三セクター化など路線や駅を管轄する事業者が変わる路線があります。そんな路線の乗車、駅の訪問、完乗率計算がどうなるのか?についてお知らせしておきたいと思います。

  • 路線乗車:新しい事業者・路線へそのままデータを引き継ぎます。
  • 駅訪問:新しい事業者・路線・駅へそのままデータを引き継ぎます。事業者の境界にあたる駅については両事業者の駅にそれぞれ記録を引き継ぎます。
  • 写真:タグ情報を新しい事業者・路線・駅へ変換します。
  • ブックマーク:情報を新しい事業者・路線・駅へ変換します。
  • 公式記録:駅訪問の公式記録はそのまま引き継ぎますが、路線完乗の公式記録は「新事業者へ移管される区間は引き継ぎません」

該当する区間

  • 長野駅〜妙高高原駅(JR東日本・信越本線) → しなの鉄道・北しなの線へ
  • 妙高高原駅〜直江津駅(JR東日本・信越本線) → えちごトキめき鉄道・妙高はねうまラインへ
  • 金沢駅〜倶利伽羅駅(JR西日本・北陸本線) → IRいしかわ鉄道・IRいしかわ鉄道線へ
  • 倶利伽羅駅〜市振駅(JR西日本・北陸本線) → あいの風とやま鉄道・あいの風とやま鉄道線へ
  • 市振駅〜直江津駅(JR西日本・北陸本線) → えちごトキめき鉄道・日本海ひすいラインへ

つまり、今まで信越本線、北陸本線の公式乗車記録がついている場合、JRに残る区間については公式記録が引き続き有効ですが、新事業者に移管される区間については「非公式扱い」になるということです。この部分は賛否が分かれそうですが、管理人としては「あー、新事業者の路線にまた乗りに行かんとあかんやん!全くもう(嬉)」と思って頂けると幸いです。

首都圏在住の方には「上野東京ライン」の方を気にされている方もいらっしゃると思いますが、上野駅〜東京駅間は元々「東北本線」の扱いですでに存在しておりますので上野東京ラインに乗車記録をつけた場合は東北本線の当該区間に記録がつきます。この区間の乗車記録については現状のまま特に変更はございません。

さてさて、すぐ後の4月にも同様の「移動」が発生しますね。近鉄・内部線と八王子線が四日市あすなろう鉄道へ、北近畿タンゴ鉄道が京都丹後鉄道へと生まれ変わります。その際も今回と同様の扱いとする予定ですのでご承知おきくださいませ。

それでは、まだまだ寒さは続きますので風邪など引かぬよう暖かくしてお過ごしくださいね。